au系MVNOはau端末もSIMロック解除が必要ってほんと?

MENU

CLOSE

au系MVNOはau端末もSIMロック解除が必要ってほんと?

格安SIMは必ずしもSIMロック解除が必要ではない

同じデータ容量プランでも半額以下で使える魅力

格安SIMの魅力と言えばなんといってもその安さです。格安SIMはデータプランが多様なうえにどのプランも大手キャリアより数1000円安く、1年使えば数万円の節約になります。とくにスマホのスペックやサービスが過剰すぎると感じている人にとっては格安SIMはお財布にやさしい選択肢になるでしょう。

今までと同じように使っても基本使用料は3000円を超えないはずです。3GBのプランなら音声通話付きでも月額1600円前後で使うことができます。

そんな格安SIMですが、回線が混雑しやすいという弱点もあります。回線の込み具合は通信速度と直結するため多くの人がスマホを使う時間帯に一気に通信速度が遅くなります。逆に言えばそれ以外の時間帯でスマホの通信速度が気になることはありません。

SIMロック解除は要らない場合が多い

格安スマホと言えばSIMロックの解除が必要とかSIMフリースマホが必要とか言われますが、そんなことはありません。

SIMロックはあくまで同じ回線でしかスマホを使えないようにするための処置で、docomoのスマホはdocomo回線で、auのスマホはau回線で、SoftBankのスマホのSoftBank回線でのみというものなので、それらの回線を使っているMVNOも会社ではなく回線による制限に準じるわけです。

つまり、docomo系のMVNOでドコモのスマホを使う際にはSIMロックの解除が不要というわけです。

au系MVNOはau端末もSIMロック解除が必要ってほんと?

このようにSIMロックとは同じ回線でしか端末を使えないようにするものなのでdocomoの端末であればdocomoの回線を使うMVNOで、auの端末であればauの回線を使うMVNOで使えます。使えるはずなのですが、au系のMVNOではSIMロックを外さなかったことでトラブルになるユーザーが発生しています。これはどうしてでしょうか?

au系のMVNOはマルチSIMも選択肢になります

au回線を使ったMVNOでは、通常SIMの他にマルチSIMも選択することができます。このマルチSIMの存在がSIMロック解除と大きく関わっているのでマルチSIMについて簡単に解説します。

マルチSIMとはauVoLTEを利用する際に必要なSIMカードのことでVoLTE専用SIMとも呼ばれます。VoLTEとは音声通話もLTE回線を使う機能のことでVoLTEが使える端末をVoLTE対応端末と呼んでいます。

このVoLTE専用SIMはminiSIMの内側にmicroSIM、nanoSIMの大きさにくり抜くための溝が入っているものでSIMカードのサイズを選ばなくてよいというメリットがあります。auユーザーでもVoLTE対応端末を使っている場合はこのVoLTE専用SIMが搭載されているはずです。

マルチSIMを使う時はauスマホもSIMロックを解除してください!

マルチSIMはVoLTE専用のSIMであるためVoLTE対応端末はマルチSIMが必要です。逆にVoLTE非対応の端末であればauのものでも通常のSIMを選びます。ところが、VoLTE対応端末にマルチSIMを挿すとSIMロックのせいで使えなくなってしまいます。

auVoLTEを使う場合に限りau端末もSIMロックを解除しなければいけないのは残念ながらau回線やMVNOの仕様という他ありません。特に中古で格安スマホを購入する際に、その格安スマホのSIMロックが解除されているかを確認しなくてはいけません。もちろん、auのVoLTE非対応端末で通常のSIMカードを使う分にはSIMロック解除が不要です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧