格安SIMはキャリアメールが使えない!それなら、どうする?

MENU

CLOSE

格安SIMはキャリアメールが使えない!それなら、どうする?

格安SIMを契約する前に知っておきたいこと

格安SIMはプラン料金が非常に安い

格安SIMが話題になっているのはその驚異的な安さです。今まで大手キャリアの高いデータプランを使っていた人は半額以下にまで減らせます。例えばデータ容量が5GBであれば2100円ほど、7GBであれば2600円ほど、そして3GBであれば1600円ほどが相場となっています。

さらに、2GBや1GBのプランも選ぶことができるので1000円台前半でスマホを使うことも夢ではありません。また、ここで紹介した相場は音声通話付きのSIMなので音声通話機能のついていないデータ専用SIMならそれぞれの値段からさらに700円安くなります。また、大手キャリアのような2年しばりもありません。

音声通話SIMには解約の縛りと言える最低利用期間があるものの長くても1年使えばいつでも解約できるため、非常にやさしいです。データプランの場合は最低利用期間すら設けられていません。

格安SIMは混雑時に通信速度が遅くなりやすい

そんな格安SIMですが、大手キャリアの回線を借りて運営している以上大手キャリアほどの通信速度が出ないという点は注意が必要です。正直なところ、3Mbpsも出ればYoutubeすら閲覧できるのですが、最も混雑する12時台には1Mbps未満にまで通信速度が落ちることさえあります。

普段は6~10Mbpsと及第点と言える通信速度は保てるのでなおさら気になります。ちなみに、大手キャリアの実測値は20~30Mbpsですが、いまのところはオーバースペックと言えそうです。

格安スマホの動作確認を忘れずに

格安スマホは格安SIMやMVNOと同じ意味で使われることもあれば単純に安い中古スマホを指すこともあります。せっかくプラン料金を安くしたのですから端末料金も安くできるに越したことはありません。しかし、MVNOによって使えるスマホは違います。MVNO各社が公開している動作確認端末から選びましょう。最も使用範囲が広いのはiPhoneです。

格安SIMはキャリアメールが使えない

そして、格安SIMはキャリアメールが使えないので今までとは違い自分でメールソフトの取得をしなくてはいけません。ちなみに格安SIMでもキャリアメールを使えるのは現在1社だけです。

格安SIMではキャリアメールの代わりにこんなものを使う

日常的なやり取りで利用するならSNSやフリーメールでOK

 

キャリアメールは予めメールソフトやアドレスが登録されている点では便利ですが、だからと言って無理に使うメリットはあまり高くありません。今ならフリーメールであっても十分なセキュリティ機能を持っていますし、友達同士ならSNSでつながることも可能になったからです。つまり、キャリアメールなしでのメッセージが容易にできるようになっています。

そのため、いまキャリアメールを使っている人がフリーメールに切り替えて何か損をすることは考えづらいです。

フリーメールのアドレスは5分もあれば作れます。Googleのメールであれば、アカウントで連絡先を管理できるのでスマホの引継ぎが非常に楽になります。iOSの場合もグーグルアカウントで連絡先を同期できます。

キャリアメールが必要な場合はPCのプロバイダメールを使う

しかし、仕事や特定のサービスではキャリアメールが求められます。そんな時は格安SIMを諦めざるを得ないのかというと、そんなことはありません。スマホでキャリアメールが使えなくてもPCでは有料のメールアドレスが使えます。少なくとも回線を引いている場合はプロバイダのメールアドレスが割り振られているからです。

よって、自宅回線をつないでいない場合はまた別の手段を使ってメールアドレスを取得しなくてはいけません。それでも、格安SIM=フリーメールしか使えないというわけでは無いので安心してください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧