格安SIMでも長電話が怖くない、その秘密は?

MENU

CLOSE

格安SIMでも長電話が怖くない、その秘密は?

格安SIMは基本料金が安いが、他の部分の料金も節約したい

基本料金の安さは圧倒的

格安SIMは基本料金が大手キャリアよりも安いことで知られています。その差は非常に大きく、同じデータ容量でも数1000円以上の差がみられるほどです。そのため、深く考えないで格安SIMのプランを選んでもスマホ代は容易に節約できます。また、格安スマホのプラン変更はネット上の設定でできるため、無駄なお金を払うことも少ないです。

もし、大手キャリアのプランでデータ容量を余らせているのならあえて1GBのプランを選ぶのも良いでしょう、1GBのプランは音声通話付きでも1000円台前半です。

その一方で、このようなデメリットにも気を付けて!

そんな格安SIMは安い分のデメリットが懸念されます。確かに回線が少ない分大手キャリアに比べて通信速度が遅いですが、インターネットを使用するうえでは問題のないスピードは保てています。実は大手キャリアのスピードが現在の通信技術ではオーバースペックな面があるほどです。

その他には問い合わせを電話かメールでしなくてはいけないことや初期設定を自分でしなくてはいけないことも気を付けたい点と言えます。しかし、スマホになれている人にとっては大した障害とは言えません。

もし、スマホになれている人にもデメリットになることがあるとすれば、それは通話料の高さです。格安SIMは無料通話分がなく、料金も大手キャリアの2倍です。

格安SIMでも長電話したい!そんな時はSNSを使おう

IP電話でも通話料は節約できるけど...

格安スマホはプランの料金だけでなく通話料やSMS使用料まで安くして初めてスマホ代の節約と言えるわけです。無理があるかもしれませんがデータ通信で例えるならデータ容量の少ないプランにしてもデータ追加パックを買っているようではお金がかさんでしまいます。

そこで、30秒20円という音声通話を可能な限り安くしたいと思います。そこで、まず思いつくのがIP電話や通話アプリです。まずIP電話は既存のインターネット回線で音声のやり取りをすることで行う通話で、1分あたり15円ほどで電話することが可能です。

かつては音声の乱れやノイズのせいでまともに通話ができませんでしたが今はそれなりに改善しています。「それってSkypeと同じじゃん」と思われますが、正確にはSkypeの有料通話がここで説明するIP電話となります。IP電話の特徴は050で始まる電話番号を使うことです。

つまり、音声通話SIMの契約をしなくても電話番号を持つことができるわけです。ただし緊急通報ができないことやフリーダイヤルにつながらないことといった地味なデメリットがあります。

他には通話料を半額にするアプリがあります。これは格安SIM各社が公式で提供している方法で、アプリ内で特殊な処理が行われることで電話代が安くなります。こちらは090や080、070で始まる電話番号をそのまま使えるというメリットがあります。

このようなアプリがないMVNOの場合は他のMVNOが提供しているアプリを使って通話料を節約することができます。できるだけメインの番号で通話したいという人にお勧めです。

他にも通常の音声通話で長電話をしたいときは5分間か10分間のかけ放題サービスのあるMVNOと契約することや、無料通話分を付けることが可能なMVNOと契約することで通話料の上昇を抑えることができます。これは大手キャリアの時と同じですね。

SNSの無料通話は時間無制限なので、Wi-Fiエリア内ならテレビ電話でも余裕

そして、SkypeやLINE、Facebookの無料通話を使えばパケット通信のみでの通話が可能なので長時間の通話でも一切の通話料がかかりません。これが究極の通話料節約方法と言えます。しかし、このようなSNSで無料通話をする場合は自分がSNSに登録することと、相手もSNSに登録していることが必要となります。

よって、SNSに登録していない人への連絡は不可能です、また、アカウントは本人の情報と紐づけられるため電話番号変更のような設定は出来ず、アカウントを解約するまでは相手に連絡先を知られ続けます。一応、ブロックすることは可能です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧