自分にあった格安SIM・格安スマホを探すポイント

MENU

CLOSE

自分にあった格安SIM・格安スマホを探すポイント

自分に合った格安SIMを探す

格安SIMの特徴を知る

自分自身に合った格安SIMを探すためには、それぞれのMVNO(仮想移動体通信事業者)から出ている格安SIMの特徴を把握する必要があります。以降、具体的な格安SIMをご紹介します。

通話し放題プランのある格安SIM

通話し放題プランを扱うMVNOは幾つかありますが、その中でオススメは以下の3つです。

  • Y!mobile
  • 楽天モバイル
  • BIGLOBE SIM

Y!mobileですが、数ある格安SIMの中で、通話無料サービスが特徴となっています。1回あたり、10分以内の国内通話を月に300回まで通話料0円で、他社スマホ・ケータイ、固定電話、IP電話に対して、電話をかけることができます。さらに月額1,000円のスーパーだれとでも定額をつければ、通話時間、回数ともに無制限となります。

次に楽天モバイルです。月額850円のオプションをつければ、5分以内の通話であれば何度でもかけ放題となります。頻繁に、短い通話をする方へオススメです。

最後のオススメは、BIGLOBE SIMです。専用アプリのインストールが必要となりますが、月額650円の通話パック60であれば、60分間分の通話はし放題です。また、月額料金は同じで、3分以内の国内通話であれば何回でもかけることができるようになっています。

おすすめのデータ通信プラン

通話はほとんどせず、ネットやSNSがメインといった方には、以下の格安SIMがオススメです。

  • U-mobile
  • UQ mobile
  • ぷららモバイルLTE

まず、U-mobileですが、データ通信専用のプランになりますが、月額2,480円で、LTE使い放題プラン(データ容量に制限なし)があります。また、月額2,980円でLTE使い放題のほかに、音声通話も可能となります。

最大下り通信速度375Mbpsと通信速度も申し分ないですが、混雑時には速度制限がかかる可能性があります。

次に、UQ mobileですが、データ通信のみの場合で月額1,980円、音声通話もつけた場合は月額2,680円でデータ通信無制限プランがあります。U-mobileより安い価格設定となっておりますが、通信速度は500kbpsとなっています。そのため、そこまで通信速度は気にしないという方向けの格安SIMとなっています。

最後に、ぷららモバイルLTEですが、最大3Mbpsで無制限に通信ができます。月額料金は、データ通信の場合のみで月額2,760で、音声通話をつけた場合は月額3,460円となります。

自分に合った端末を探す

格安SIMで使用可能な格安スマホを比較する

格安スマホの本体価格は、1万円程度から、高いものであれば5万円程するものもあります。ただ使えれば良いという方は1万円程度のものを購入しても良いですが、キャリアのスマホを使用してきた方であれば、物足りなさを感じるはずです。キャリアのスマホを使用してきた方には、3万円前後の格安スマホを選択することをオススメします。

おすすめの格安スマホ

おすすめの格安スマホは以下の3つです。

  • Zenfone3
  • arrows M03
  • HAWEI P9lite

まず、Zenfone3ですが、基本的な性能については申し分ありません。また、デザインも高級感のあるデザインとなっています。特徴としてはデュアルSIM、デュアルスタンバイ対応のため、SIMカードを2枚挿することが可能です。よりお得な、通話専用SIM、データ通信専用SIMを選んで、同時に使用することが可能です。

次にarrows M03ですが、ワンセグ、おサイフケータイ、防水に対応しています。そのため、電子マネーやポイントカードなどをまとめて、スマホ1台へ集約したい方などにオススメです。

最後に、HAWEI P9liteです。特徴は価格が安いことです。Zenfone3と比較すると1万円ほど安いです。基本的な性能も問題なく、普段、使う分には全く問題ありません。ただし、こちらも、高度なゲームをやる場合には不向きですので、その場合は、Zenfone3を選択することをオススメします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧