格安SIMの通信速度ってどう計っているの?自分でできる?

MENU

CLOSE

格安SIMの通信速度ってどう計っているの?自分でできる?

格安SIMで気を遣いたいのが通信速度の差

格安SIMは安くて便利

格安SIMや格安スマホと呼ばれる新しいスマホ会社は正式にはMVNOと呼ばれています。MVNOとは自社の通信設備を持たない会社のことで初期投資の費用を浮かせることやすぐに事業を開始することができるといったメリットがあります。

また、格安スマホの会社はショップを設置していないことからショップにかかる費用も抑えることができます。他にも解約金の縛りが緩い、過度な新規優遇措置もないといった理由で非常にプラン料金を安くできます。

月々のスマホ料金を半額以上に安くしたいという場合は迷わず格安SIMとの契約をおすすめします。もちろん、基本的な利用は大手キャリアと変わりません。

格安SIMを選ぶ際に気を付けたいのは通信速度

格安SIMの公式サイトや広告を見てみると「下り最大○○Mbps!」という広告がされていますね。これだけ見ると大手キャリアと全く変わらないスピードです。それなのに格安SIMは通信速度が遅いというレビューが見られるのはどうしてでしょうか?

実は、格安SIMは大手キャリアより回線が混雑しやすいのです。格安SIMは大手キャリアの回線を借りているだけなので回線保有量は大手キャリアに比べてとても少ないです。そのため速度は大手キャリアの半分から3分の1以下になります。

とはいえ、大手キャリアですら普段の速度は20~30Mbpsほどと広告と大きくかけ離れています。それでも問題なくサイト利用ができるのは、サイトを見るために必要な速度が1~3Mbpsだからです。少なくとも3Mbpsあれば動画閲覧も快適にできるはずです。

格安SIMの場合は借りている回線の量とユーザー数によって通信速度が決まるため、通信速度は日々変動しています。速度の比較もその都度確認するのがおすすめですね。

レビューサイトはたくさんあるけど、通信速度はどのように計られているの?

通信速度はネットを調べると最新のデータが見られる?

データ容量やプランの多様性も大切ですがスマホを「快適に使う」上では通信速度が最も大事といえます。通信速度が遅いと普段利用しているサイトやYoutubeなどの動画配信サイトの動きが悪くなってしまうからです。

他にはアプリや動画のダウンロードに数分かかることもあるでしょう。これは、ネット通信には最高速度を必ずしも出せないというベストエフォート方式が採用されていることが理由です。

よって、宣伝されている速度ではなく実際にどのくらいの速度が出るかを比較して格安SIMを選ぶべきなのですが、なぜネットで検索すると通信速度の比較サイトが出てくるのでしょうか?これは、格安SIMユーザーたちがスマホを実際に使って計測したデータを集めているからです。

MVNOの速度計測は案外簡単にできるため、レビューも簡単に集めることができます。しかし、格安SIM情勢は今も大きく動きます。突然ユーザーが増えたり回線が一気に増えることだってあるのです。MVNOの速度比較サイトを参照するときは常に最新のデータを見るようにしてください。

また、通信速度は場所や時間帯によっても異なるので特に12時台と8時台の時間で比較すること、自分の住んでいる地域に近いデータを参照とすることを心がけてください。まれに、自分で計測をしていない悪質なサイトもあるので場所が明記されているデータを使いましょう。

自分でも通信速度を計れる?

もちろん、通信速度の計測は専門知識のないユーザーでも問題なくできます。その方法はネット上の速度計算サイトを利用するか、通信速度を計るためのアプリをダウンロードすることです。

いずれの方法でもスピードテストは30秒もせずに終わります。Youtuberでもない限り私たちはデータの読み込みが中心となりますから、上りよりも下りの速度を重視するようにしてくださいね。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧