格安スマホを買うならデュアルSIMの方がおトク?

MENU

CLOSE

格安スマホを買うならデュアルSIMの方がおトク?

格安スマホはデュアルSIMを選んだ方が良いのか?

デュアルSIMって何?

格安SIMを契約する際はスマホとSIMカードを別々に契約することが可能です。つまり、スマホを会社にとらわれずに購入することが可能なのです。SIMフリー端末を新品で購入すると次の乗り換え時にも役立ちますし、あえて中古の格安スマホを購入することも端末代の節約になります。

色々なスマホを見ていると、デュアルSIMというセールスポイントを目にすることがあります。デュアルSIMを簡単に説明すると「ひとつの端末に2つのSIMカードを挿しこめる機能」です。

今まではひとつのスマホに1枚のSIMカードが当たり前でした。しかし、デュアルSIMの場合はSIMカードを2枚挿せるため海外SIMや別回線のSIMカードを挿しこんだまま切り替えることができます。つまり、デュアルSIMはSIMカードの差し換えが不要になります。

最近話題になっているマルチSIMは、このデュアルSIMとは全く関係ないので注意してください。マルチSIMは発行されたSIMカードを標準SIM、microSIM、nanoSIMの3種類に切り抜くことのできるSIMカードのことでauVoLTEを使用するときに使います。

デュアルスタンバイの格安スマホもあります

デュアルSIMにもシングルスタンバイとデュアルスタンバイという分類があります。シングルスタンバイは使いたい方のSIMカードを選択して操作を行い、もう一方のSIMは回線が切断されている状態になるものです。

一方デュアルスタンバイは両方の回線で同時に待ち受けることが可能です。電話発信をするときも回線を選びます。そのためシングルスタンバイはSIMカードの差し換えの手間がなくなり、デュアルスタンバイは端末を2台購入する手間がなくなります。

しかし、デュアルスタンバイは同時待ち受けが可能なだけですから、音声通話をしている時別の回線が電話やメールを受診した時の対応ができません。このようなデメリットを解消したものがデュアルアクティブです。片方の回線で通話している時にも問題なくデータ受信が可能です。もちろん、デュアルスタンバイでも通話している回線と同じ回線でのデータ受信は可能です。

一般ユーザーならデュアルSIMにこだわらなくてよい

ただこれはスマホを2回線使いたいという人のものですから、スマホは1台で十分という人が無理にデュアルSIMにこだわる必要はありません。基本的には安く、十分なスペックで、MVNOが公開している動作確認端末であれば事足ります。

他にも知っておきたい格安SIMのポイント

格安SIMは非常に安い

格安SIMや格安スマホと呼ばれる会社は正式にはMVNO(仮想移動体通信事業者)を呼ばれています。MVNOは大手キャリアの回線を借りて運営する新しい業態のことで、新規参入者でも全国的な通信エリアを誇ります。パソコンで言うところのプロバイダに近いですね。

格安SIMのプラン料金は同じデータ容量であるにもかかわらず3分の1程度まで安く抑えることができます。非常に経済的な反面、大手キャリアのようなサービスやキャンペーンの手厚さは見られません。これをデメリットととるか本来の価格と捉えるかは本人次第だと思います。

格安SIMの通信速度が遅いってホント?

格安SIMは回線保有量が大本である大手キャリアより少ないです。そのため、回線が混雑しやすく通信速度が遅くなります。つまり、大手キャリアより格安SIMの方が通信速度が遅いのは本当ですが、あくまで相対的な差であってデータ通信に必要な速度は十分に発揮することができます。

ただし、MVNOごとの差は大きいので評判の悪いMVNOは非常に遅く、評判の良いMVNOはそこそこ速いという感じです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧