購入前に知るべき!格安スマホ・SIMフリースマホの端末保証

MENU

CLOSE

購入前に知るべき!格安スマホ・SIMフリースマホの端末保証

格安スマホ・SIMフリースマホの端末保証はどうなっているのか

購入時に加入できる格安スマホの端末保証

格安SIMと一緒にセット販売している格安スマホは、契約時にMVNO会社が提供している端末保証サービスに加入する事が可能です。それぞれのMVNO会社が対象としている不具合や故障が発生してしまった場合、程度に応じて端末修理や交換を割安で受けられるというサービスになります。

このサービスの保証期間は2~3年程に設定してある場合がほとんどで、必要な費用としては月額300~500円程に設定されています。不具合や故障が生じた時の対応については修理・端末交換の両方を行う会社と、基本的に端末交換で対応してくれる会社の2種類に分かれます。

端末交換に関しては無料交換をしてくれるMVNO会社もありますが、多くの会社では交換時に3,000~10,000円程度の負担費用が発生します。この端末保証を付けられるのは基本的に格安SIMとセット販売されている格安スマホに限られる為、格安SIM単体での契約の場合は注意が必要です。

そして端末保証サービスを付加できるタイミングは購入時に限られている事が多く、後から追加で付加する事ができない場合がある為この点にも気をつけなければなりません。格安スマホはデータ容量や通信速度、通話機能など様々なプランが存在していますが、端末保証サービスはオプションになっている事が多いので加入するとプラン料金に上乗せされる形になります。

SIMフリースマホはメーカー保証で対応

SIMフリースマホと格安SIMを自分で別々に購入した場合は、MVNO会社の端末保証サービスの対象外となってしまう事がほとんどです。その場合は端末製造元のメーカーが提供している、メーカー保証のみという事になります。日本のメーカーで正規購入したSIMフリースマホならほぼメーカー保証を受ける事が可能です。

しかし海外メーカーのSIMフリースマホを購入する場合はメーカーとは別の独自保証があったり、初期不良以外の保証がついていないところもあるので注意が必要です。メーカー保証では主にメーカーに過失が認められる不具合や故障があった場合、無償で修理・交換をしてもらう事が可能となっています。

ただし使用者に過失が認められる故障や水没や災害による故障など、メーカーに非が認められないものは期間内であっても有料です。SIMフリーにしたiPhoneの場合は、購入時に無料でついてくる1年保証に加えて別途料金を支払えば更に1年間の延長保証が受けられるサービスを展開しています。

これに加入すると利用者に過失が認められる破損や故障についても割安で修理してくれるサービスを受ける事ができます。

保証期間が過ぎたSIMフリースマホはどうすれば良いのか

中古で購入したSIMフリースマホや保証期間が終わってしまった端末については基本的には実費で修理をする事になります。中古購入の場合は購入したお店で保証期間を設けている場合もありますが、そのほとんどが1ヶ月程度の短期保証ですぐに保証期間が終わってしまいます。

スマートフォンの修理代金は高額になってしまうケースが多い中、実はそうした保証が切れてしまった端末でも保証を受けられるサービスを提供する会社がいくつか存在しています。保証内容としては水没や破損、端末の不具合などが対象となっており、最初に実費で修理をした後に請求すると保証金が返還されるシステムが一般的です。

保証される金額に関しては会社により様々ですが年間保証額は1~5万円に設定してある事が多く、破損内容によって保証金額も変わります。料金は月額制のところがほとんどで、月額500~1,000円が平均的な価格です。

こうした保証をしてくれる会社は保証対象がスマホに限らずパソコンやゲーム機にも対応している会社が多く、1契約で複数台の保証をしてくれるところも存在しています。格安スマホの2台持ちやパソコンを所有している方は、MVNO会社の端末保証に加入するよりも料金を安く抑えられる可能性があるので検討してみるのも良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧