格安スマホデビューを目指す方へ!よくある失敗と対策を抑えよう

MENU

CLOSE

格安スマホデビューを目指す方へ!よくある失敗と対策を抑えよう

格安SIMが普及した今こそ変更した際の失敗事例を抑えよう

2015年5月にau、docomo、ソフトバンク等の大手通信事業者に対し携帯電話に差し込むSIMカードのロック解除が認められて2年近く。格安SIMや格安スマホは、すっかり市民権を獲得し家電量販店での店頭販売等も行われるメジャーな携帯電話となりました。

あまり名の知らない業者名やSIMロック解除と聞きなれない言葉、現在の携帯電話から変更する手間などから移転を敬遠していた方も2年近く経過した現在は、情報もある程度集まってきた為に格安SIMや格安スマホに乗り換えようと思う方も少なくありません。

ただ移転するのであれば、先人の失敗例から学ぶ必要があります。

「格安に釣られて契約したのに、こんなはずでは…」

と、後悔しない為にもきちんとよくある失敗例を見てみましょう。

通信と料金でよくある失敗事例とは?

通信面でよくある失敗事例

格安SIMや格安スマホで失敗する事例としては通信があげられます。具体的には

  • 回線が思った以上に遅かった
  • Wi-Fiにつなげようとしたらつなげられなかった。

等があげられます。

格安SIM等を提供している業者は、基本的にau、docomo、ソフトバンク等が設置した通信回線や施設の一部を間借りすることで提供しています。その為、それらの提供元にトラブルが発生しなければつながりにくい事態が起きにくいとは言えます。

しかしつながりにくい=通信速度が速い訳ではありません。本来の回線の一部を利用している以上、どうしても通信速度は遅くなると見て良いでしょう。後者に関しては、よく契約内容を確認しておく必要があります。Wi-Fiにはつなげられるのが当然と思うかもしれませんが、MVNOは話が別です。

契約するSIMカードや格安スマホによっては、公衆無線Wi-Fiがつなげられない契約もあります。データ容量を節約する為に、公衆無線Wi-Fiの使用を考えているならば必ずWi-Fiが使えるか否かを確認しておきましょう。

料金面でよくある失敗事例

格安という名がつく以上、何と言っても魅力なのが料金プランの安さ。しかし肝心の料金が思った以上に高く付いては魅力も半減です。せっかく格安スマホに変えたのに料金は割高感がある気がすると後悔しない為に料金が高く感じる原因を考えてみましょう。

端末代金の支払いが残っているケース

今使っているスマホのSIMロックを解除し、無事に回線の乗り換えが完了してもスマホ本体の分割支払金が残っている場合は、月々の料金の請求が続きます。分割支払が残っていない、もしくは無い端末があれば一番ですが無い場合は支払う必要があります。

ただ、乗り換えのキャンペーンなどで端末代金分のキャッシュバック等があれば狙ってみるのも一つの手と言えるでしょう。

思わぬ手数料を取られるケースもある

それ以外にもSIMロック解除を店頭で行った時の手数料や、割引サービスの更新月以外での契約解除料金等で思った以上の出費を強いられるケースもあります。今使っている携帯電話事業者のお客様センター等に問い合わせれば、分割支払金の最終額や最終支払日時、解約時の契約解除料金や更新月等を教えてもらえます。解約前には一度問い合わせてみる事をオススメします。

通信と料金で失敗しない為の対策まとめ

通信と料金の面で失敗しがちな事例をまとめさせていただきました。

  • 通信に関しては無線Wi-Fiがつながる契約かを確認する。
  • 通信速度のある程度のスピードダウンは避けられないと覚悟する
  • 端末代金の支払いが残っているか、移転先でキャンペーンを行っていないか確認する。
  • 更新月や契約解除料金等が発生しないか確認する。

以上4点は契約する前に、失敗しない為の必須事項です。

せっかくMVNOで格安で契約する以上、少しでも失敗するリスクは避けたいところ。きちんと事前に調べて、格安でスマホを使いこなしていきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧