格安スマホにプラスαのお勧め

MENU

CLOSE

格安スマホにプラスαのお勧め

大手3キャリアの1つを長年使ってきました。他の選択肢はPHSやイーモバイル(現ワイモバイル)などなかったわけではないですし、PHSもイーモバイル(データ通信)を利用していたこともあります。

2012年のイオンSIMをきっかけに格安SIMに目を向ける人が増えたのではないかと思いますが、自分もイオンSIMに関心をもった事は覚えています。そして、中古のiPhone5cを子供向けに購入する親が増えているという新聞記事を目にしてから、うちもiPhone5cを持たせようと思いました。子供が中学生になってから塾通いが本格化したので、2年前からiPhone5cをDMMモバイルで使いはじめました。DMMモバイルにはデータ通信のシェアコースもあり、4000円台(今は一段値下げがあった模様)で3枚のSIMが使えるのが魅力でした。

普通にキャリアの2年縛りプランを使えば1台8000円超するので、大幅な節約になっていると思います。一方、何の苦労もなくすんなり格安SIMの利用が出来たかというと、決してそういうわけでもありません。HTC Desireという初期のスマホを使っていた時期があり、既に別のスマホをメインで使ってましたが、何らかの役に立つかもしれないと思い、ネットの情報を元にSIMロック解除を自力で行い、APNの設定などもネットを参考に四苦八苦しながら覚えたのが良い経験でした。

事前に学習していたこともあり、子供のiPhone5cの設定は手間取ることもなく、また特に問題も起らずに導入でき、今も使っています。ふと思い起こすと四苦八苦しながらSIMの設定をしたというのは、やはり敷居が高いと思わざるを得ません。現状も格安SIMは万人向けではないと思われます。当たり前ですが、APN情報などきちんと設定できて初めて使えるものですから。この辺りはMVNO事業者も分かっているようで、格安スマホのラインナップを強化しているのがよく分かります。最初から設定されているものであれば基礎知識がなくてもそのまま利用できるわけで、昨今の格安スマホの拡がりをみればその方向で間違いないと思います。今後も格安スマホの利用者は増えていくと思いますが、自分としてもトラフィックの増加が気になってきました。

通勤途中でたまに通信が途切れる事もしばしば出てきています。MVNO業者には是非とも帯域の確保をしっかり進めてほしいものです。折角格安スマホに乗り換えた人が安かろう悪かろうで離れていっては事業的にも問題があるでしょう。今はドコモ回線のDMMモバイル、ソフトバンク回線のワイモバイルの2つを併用しています。混む時間帯は明らかにワイモバイルのほうが通信が安定し速度も速いです。大きなデータ通信容量が安く使えるドコモ系、安定やスピードが必要な時にはソフトバンクorAU系を使うなど利用者側も切り替えて使えると通信ライフは向上します。(SBorAU系をSIMフリールーター等で使うと手間がかかりません。)このようなわけで、格安スマホユーザーも別系統の通信回線を併用するのがお勧めだと思っています。これでも十分3大キャリアより格安に運用できます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧