個性的なプランも充実!大手とは一味違う格安SIMの世界!

MENU

CLOSE

個性的なプランも充実!大手とは一味違う格安SIMの世界!

格安スマホに挑戦するMVNOは増えている

格安SIMと格安スマホの販売に挑戦するMVNOが増えており、競争が激化しています。格安スマホに挑戦するMVNOが多い理由の一つに、初期投資額の少なさがあげられます。MVNOは大手通信会社の通信網を借りる形で運営されています。通話の品質や通信速度を確保しやすく、新たな設備費などを節約できるのです。

また、他の業種から参入すればある程度顧客を確保した状態から出発することも可能になります。特定の地域を地盤に活動し、グループ企業のポイントを共有するなど価格以外の便利さを武器にするMVNOも生まれています。ブランドイメージを武器に顧客を開拓するなど、それぞれ個性を生かした販売戦略をとっているのです。

格安SIMの契約にこぎつければ毎月収益を確保できるのも魅力です。ある程度契約数が確保できた場合は大手通信会社との契約を見直して、より多くの通信量を確保すると言った柔軟な運用も可能です。すでにビジネスに成功している企業も多いため、失敗しないための経営を学ぶことも可能など後発だからこそできる工夫も増えています。

大切なのは、増え続けるMVNOや各種契約プランから自分に最適な契約を見つけ出すことです。格安SIMや格安スマホの価格の比較は一般的になっており、一括で比較できるようなサイトも増えています。

特にチェックをしたいのは、年末年始や春の乗り換えキャンペーンなどです。引越しが伴う時期は携帯の乗り換えが行われやすい時期でもあり、大手を中心にMVNOもキャンペーンを行うケースが多いからです。

普段から安い格安スマホが更に割引価格で買えるケースや、キャッシュバックが発生する場合もあります。新プランも生まれやすいため、時々見直しながら利用するのがコツになっているのです。

個性的なプランや特典を用意するMVNOも

格安スマホと一口に言っても、運営するMVNOや契約プランによって内容は大きく変わります。大きく異なるのは通話のオプションとデータ容量です。通話用の契約でも、有料オプションで時間当たりの通話料が半額になるケースや、通話し放題になるケースが生まれているからです。

アプリ等を併用すればさらに無料範囲が広がる場合もあるため、通話を頻繁にするのであればオプションプランを含めた充実度合いはチェックしたいポイントになっています。数分までなら無料といったプラン多いため、どれくらいの回数や時間話すかでも節約できる料金が変わってきます。データ容量に関しては、無制限で使えるものや20GBを超える大容量プランが増えています。

一般的な使い方では20GBを超えることはまずないため、アプリや動画を頻繁に楽しむ場合や、パソコンなどをデザリング機能などで使う人向けと言えます。モバイルルーターなどを別途購入して仕事に利用する人も多く、活用方法次第で働き方が変わる場合もあります。販売促進のためにユニークな取り組みを行う企業もあります。

紹介IDを発行し、紹介経由で格安SIMに契約した人が出るたびにポイントバックを行うなど独自の工夫をするケースがあるのです。複数のスマホの同時購入で月額料金の割引が適用されるなど、家族一緒の乗り換えをターゲットにした特典を用意する企業もあります。

家族でデータ容量が分け合えるかどうかなど、柔軟な使い方を売りにしたMVNOもあるため、1人で契約するのか、複数人で使うかでもお得の度合いが変わることがあります。家族全員や恋人同志など、使い方を考えることでさらに料金が安くなることもあるのです。

契約をまとめなくてもデザリング機能や新しいSIMカードの契約で節約できるケースもあるため、少しずつ試してより良い方法を探すのもおすすめです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧