格安SIMと格安スマホの違いとは?MVNOを選ぶポイント

MENU

CLOSE

格安SIMと格安スマホの違いとは?MVNOを選ぶポイント

格安SIMと格安スマホの違い

格安SIM

スマホを使用するには、SIMカードを挿入していなければ使うことはできません。格安SIMは、そのSIMカードのみを契約することで、月々の利用料金を安くすることができます。場合によっては、月々7000円の利用料金だったものを、2000円まで安くすることも可能です。

SIMカードのみの契約なので、スマホ本体は自分で用意する必要がありますが、契約するSIMを挿すことができるスマホであれば、どんな機種でも使用することができます。スマホの通信費の節約にはとてもいいですが、格安SIMのスマホで通話をする場合は料金が高くなります。

場合によっては大手キャリア会社のかけ放題のプランの方がお得なこともあります。また、機種によってはSIMロックの解除をキャリア会社に依頼しなければいけません。その場合は、手数料がかかる場合があります。

格安スマホ

格安スマホは、格安SIMにスマホ本体があらかじめセットになっているので、スマホ初心者の人にもおすすめです。SIMロックの解除などの手間は省けますが、格安で提供するために、機種の性能などが大手キャリアのスマホよりも抑えられたものである場合が多いです。

本体の種類が限られていて、好きな機種を選ぶことができないデメリットがあります。大手家電量販店では、好きな格安SIMと格安スマホを組み合わせて購入できる場合もあります。

MVNOと料金プランを選ぶポイント

MVNOとは

MVNOとは格安SIMを提供している会社のことです。MVNOは通信サービスを行う固有の基地局を所有せず、大手キャリア会社から通信回線を借りて、ユーザーに提供しています。そのため、通信費を安く抑えることが可能ですが、通信速度が遅くなる場合が多いです。その通信速度は会社によっても変わってくるので、契約をする場合は、通信速度をよく検討する必要があります。

格安SIMの料金プランとは

格安SIMには、データSIMプランと通話SIMプランがあります。データSIMプランは、通話をすることがほとんどなく、インターネットがつながればいいという人におすすめです。データSIMプランは最も料金を安くすることができますが、以前のキャリア会社で使用していた電話番号を引き継ぐことはできません。

通話SIMプランは、以前の電話番号を引き継いで使用することができます。しかし格安SIMは通話料が安くないので、通話を頻繁にしていると料金が高くなって損をする場合もあります。

MVNOを選ぶポイント

格安SIMを提供しているMVNOは現在数多く存在します。基本的にはどの会社も料金が安いのは当たり前なので、MVNOを選ぶなら通信速度の良し悪しで選ぶことがおすすめです。しかし格安SIMを提供しているMVNOは、通信回線を大手キャリアから借りているため、通信速度が遅くなることは覚悟しておきましょう。

中には、通信速度への不満からキャリアへ契約を戻す人もいます。通信速度の良し悪しは、MVNOを契約する上で重要な要素なので、その情報が信頼できるかどうかも重要です。通信速度をごまかさず、ユーザーからの評価が高い会社を選びましょう。

最近ではキャリア会社のサブブランドのように位置づけされるMVNOもあり、他のMVNOよりは料金は高くなるものの、キャリア並みの通信速度で利用することができます。

料金プランを選ぶポイント

MVNOの料金プランは、月々に使用できるデータ容量によって変わってきます。一般的におすすめなのは、月3GBのデータ容量のプランです。3GBは、メールやWebの閲覧、1日20分程度の動画を見るくらいであれば十分な容量です。

しかし、高画質な動画の視聴や、アプリなどのアップデートを行う場合は、容量が足りなくなる可能性があります。自宅や会社のWi-Fiにつなぐなどして、通信データの節約をしましょう。

MVNOによってはデータ無制限プランを提供しています。通信速度を落とすことなく動画などをたくさん視聴したい人や、月にデータ容量を10GB以上使用するという人は、こちらのプランがおすすめです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧