格安スマホは本当にお得?乗り換えのメリットとデメリットを解説

MENU

CLOSE

格安スマホは本当にお得?乗り換えのメリットとデメリットを解説

格安スマホに乗り換えるメリットについて

月額料金が安い

大手キャリアの料金プランでは月々に6千円から8千円程度かかっていたスマホ代を、格安スマホに乗り換えることで2千円から3千円程度まで抑えられます。格安スマホとは、大手キャリアから通信設備の一部を借りたMVNOが格安SIMを使って提供しているサービスです。

そのため、設備投資やランニングコストにお金がかからないので大手キャリアと較べて大幅に安い料金プランを実現しています。そしてユーザーが必要な機能を選択して契約することで、月額料金をさらに下げることが可能です。

契約の縛りが緩い

大手キャリアと契約すると、月額料金やスマホの機種代金が安くなるかわりに2年間長期契約をする必要があります。もし2年以内に解約やMNPをした場合は高額な違約金が発生します。大手キャリアとの契約はこの2年縛りがあるせいで、サービス内容に不満があっても他社に乗り換えにくいというデメリットがあります。

また、2016年3月からはいつ契約を解除しても違約金が発生しない新2年契約が始まりましたが、月額料金に300円上乗せされるため、絶対に2年以内に解約する方でないと損をするサービスです。しかし格安スマホには2年縛りがなかったり、縛りが存在しても大手キャリアと較べて違約金が安いなど契約の縛りが緩いというメリットがあります。

料金体系が分かりやすい

大手キャリアの料金プランは項目が多いため内容が難しく、加えて様々な割引制度も存在するためしっかり理解して契約することが困難です。しかし格安スマホの料金プランは、音声通話の有無やデータ容量別にシンプルに整理されており、自分に合ったものを選びやすいというメリットがあります。

基本的なサービスは大手キャリアと変わらない

格安スマホは大手キャリアの通信回線の一部を利用して提供しているサービスなので、利用可能なエリアの広さは大手キャリアと同じです。そして格安スマホは利用料金が安いといっても音声通話やデータ通信、ブラウジングや各種アプリの使用といった基本的なサービスに大きな違いはありません。

スマホの本体価格が安い

大手キャリアのスマホは5万円以上の機種が殆どで、10万円を超えるハイエンドモデルもめずらしくありません。しかし格安スマホの場合は1~3万円の機種が殆どで、高い機種でも5万円程度で購入できます。もちろん価格が安いことでスペックには差がありますが、最新のゲームなどを利用しない限り、それほど使い勝手の差はありません。

格安スマホに乗り換えるデメリットについて

キャリアメールを使用できない

格安スマホに乗り換えると、殆どの場合は大手キャリアのスマホで使用していたキャリアメールが使用できません。そのため、キャリアメールの認証が必要なサービスなどが使用できないというデメリットがあります。

初期設定を自分でする必要がある

大手キャリアの端末を利用する場合はあらかじめ初期設定が済ませてあり、分からないことがあっても全国にあるサービスショップの店員さんが様々な手続きを手伝ってくれます。しかし格安スマホの場合は、MVNOと契約した後に郵送されてくる格安SIMや携帯端末の初期設定や、開通に必要な手続きなどを自分で行う必要があります。

通信速度が低下しやすい

格安スマホはMVNOが大手キャリアから通信回線の一部を借りて提供しているサービスなので、大手キャリアと較べて通信回線が弱いというデメリットがあります。そのため朝の通勤時間やお昼休みなどの、大勢の人々が一斉にネット接続する時間帯に通信速度が大幅に低下する場合があります。

大手キャリアよりもサポート体制が手薄

全国各地にサービスショップを持っている大手キャリアのサービスを利用する場合は、契約内容の変更やトラブルが発生した場合の相談などを気軽に店頭窓口で行えます。しかし格安スマホを提供しているMVNOの場合は、自社店舗を持っている会社が少ないためサポート体制が手薄というデメリットがあります。

しかし現在はこのデメリットを解消するために、訪問サービスを充実させるMVNOが増加しています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧