MVNOの通信速度、キャリアより遅いの?

MENU

CLOSE

MVNOの通信速度、キャリアより遅いの?

MVNOって大手キャリアとどのように違うの?

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_s

今まではスマホと言えば大手キャリアである3〜4社を順番に使うものでした。しかし、今は新規に参入してきたMVNOのスマホを利用する人も増えてきています。それでは、MVNOとはどのような事業者なのでしょうか?それを一言で言えば、自社の通信設備を持たない事業者です。

そもそも、スマホは総務省より貝瀬園を割り当てられることで通信サービスを提供できますが、たくさんの会社に割り当てるほどの周波数はありませんし管理が大変です。そこで、MVNOは大手キャリアの通信の一部を借りて自社のサービスを展開しています。

MVNOのメリットは、大手キャリアの通信設備をそのまま使えることから、初期状態でも日本中の通信エリアをカバーできること。本来は電波塔を建てることでその地域での通信が可能になるのですが、それでは時間がかかってしまいます。例えばdocomoのクロッシィやSoftBankのプラチナバンドも最初は都市圏でしか使えませんでした。これを改善するだけでも事業を進めやすくなります。

そして、MVNOは大手キャリアのスマホよりも価格が安くなるように努力をしています。必要のないオプションを外すことやネット環境を利用して実店舗をほぼ設置しないことをした結果、大手キャリアと同じプランで比較するとおよそ半額にまで基本使用料を抑えることができています。そのことから、MVNOの提供するスマホを格安スマホ、格安SIMと呼んでいます。

格安SIMと呼ばれる理由は、今持っているスマホをそのままでSIMカードのみを入れ替えられるからです。もちろん、格安スマホの本体も安い値段で高スペックのものが購入できます。格安SIMは今やテレビでもCMを見かけますし、有名なタレントさんも起用されています。また、家電量販店でも特設のブースが作られるほど一般的なものになっています。

比較するまでもなく安い料金と、今までと変わらない通信エリアが持ち味の格安SIMですが、MVNOに乗り換えたことによってかえって不利益を被ったという人もいます。とくに、今回は通信速度についてを取り上げます。大手キャリアと同じ回線なのにどうして通信速度の差が生まれるのでしょうか?

では、MVNOはどうして「遅い」と言われるの?

dfc8e3a05fccd46f0208de3bf7231819_s

MVNOは大手キャリアと同じ回線を使っていることが分かりました。しかし、同じ回線を使っているからと言って同じように通信できるわけではありません。その秘密は回線量にあります。通信をするためには電波を送受信するための回線が必要なのですが、それに対して通信料が多すぎると通信速度が遅くなってしまいます。分かりやすく言うと回線のパンクが起きてしまうのです。

そのため、大手キャリアやパソコンの光回線でも時間や場所によって通信速度が変わることがあります。そのため、多くのネット回線は「最大〇〇バイト」という形で宣伝されています。もちろん、最大の通史の速度が出る場所はごくわずかで、大抵は2割も出ればよい方です。大手キャリアですらその現状がありますが、ネット環境を考えると十数MBもあれば事足ります。

では、MVNOの回線はどうかというと、同じように通信速度の最大値は高い数値を出します。そのためMVNOでも最大〇〇GBと言われるところはあります。ただし、大手キャリアの回線を借りている以上、回線が混雑するまでの上限も低いです。最初は良くてもユーザーが一気に増えるとすぐに通信速度が遅くなることも十分に考えられます。そこで、回線量を十分に保有しているMVNOがおすすめです。明確な因果関係はありませんが、回線量の少ないMVNOは基本使用料が他よりも安い傾向にあります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧