楽天(楽天モバイル)とは?

MENU

CLOSE

楽天(楽天モバイル)とは?

格安スマホの品ぞろえが豊富!リアル店舗があって相談しやすい!そして楽天スーパーポイントが使える、たまる!という3つのメリットで売り上げを急激に伸ばしてきている格安SIM、楽天モバイル。データSIMの契約なら月額525円~と業界最安水準、もちろんユーザーのニーズに合わせた20GB、30GBの大容量プランも用意されており、広範囲のユーザー層を虜にしています。特に楽天スーパーポイントが使える、貯められるということで、もともと楽天市場の利用が多い人には、携帯料金は下がる、ポイントは増える、とメリット満載となっています。

そんな楽天モバイルを提供しているのは言わずと知れた大手インターネットショッピングモール「楽天市場」を展開しているあの楽天株式会社です。楽天株式会社は1997年にECモール「楽天市場」を開設し、スタートしました。

その後はネットオークションやブログサービスなど事業を次から次に展開し、2000年には早々にジャスダック上場、その後も銀行や証券事業などに参入、拡大を続けてきています。成長する過程で多くの会社を買収してきましたが、その中の1つにフュージョン・コミュニケーションズがあります。フュージョン・コミュニケーションズはマイラインの「東京電話」を提供していた会社ですが、その技術を生かし、2008年には楽天ブロードバンドの提供を、そして2009年には楽天モバイルfor Businessを、2013年にはスマホからも利用可能なIP-phoneスマートがアプリ版「SMARTalk」とともに提供を開始しています。

 

そして2014年、ドコモ回線を使用した格安SIM「楽天モバイル」の提供を開始。その後2015年には運営元が楽天株式会社へと移行しています。なかなかに複雑な内情のある楽天株式会社ですが、その成長は留まるところを知りません。

2017年から4年間、FCバルセロナのスポンサー契約をすることも決まっています。その勢いに乗り、楽天モバイルもショップの全国展開をどんどん進めていて、2017年の3月末までには150店舗の増設を目指しています。格安スマホのラインナップが豊富なことも特徴として挙げられる楽天モバイルだからこそ、いろいろな端末を手に取り、実物を見ながら相談したくなるのは必然。そのニーズに応えるために早い速度で店舗展開を進めています。

その楽天グループを動かす三木谷社長はトップメッセージの中で「常識にとらわれず、アイデアを組み合わせ、イノベーションを生み出し続ける」「起業の枠を超えて人々の夢の実現を後押しすることで、世界に喜びと楽しさを届けたい。」と熱く語っています。その勢いは誰にも止めることができそうにありません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧