サービスそのまま料金だけ安い

MENU

CLOSE

サービスそのまま料金だけ安い

結婚して1年経った頃、預金通帳を見ながら節約しないとなぁ…と考えていました。やはり固定費から節約するのが鉄則だとフリーペーパーの家計簿添削コーナーで見たことがあったので、固定費を考えてみることにしました。そして固定費といえばスマホ代。

月々夫婦で2万近くかかっています。格安スマホに変える以外ほかはないです。すぐに格安スマホの比較サイトでどこが良いか検討しました。たくさんありすぎてわからないので、一番有名だしCMの本田選手も好きなので楽天モバイルに決めました。楽天モバイルの店舗は私が住んでいる地方都市にはないのでネットで注文しました。数日後、SIMカードが送られてきました。思っていたより早かったです。早速カードをスマホに挿入して使えるようになってワクワクしていると、設定に思わぬ落とし穴が。設定にはWi-Fi環境の中である必要があるらしい。

うちはパソコンでネットに繋ぐときはスマホのテザリング機能を使うのでインターネットの契約をしてません。その時、旦那は仕事。家には私ひとり。スマホは設定前なのでテザリングなんてもちろんできません。仕方がないので近所のコンビニの無料Wi-Fiを借りることにしました。そして無事に設定ができて、開通が完了。使ってみると前と全く変わらず。これで料金が4分の1近く安くなるので嬉しいです。電話も5分までなら大丈夫です。電話も特に聞き取りづらいとかないし、ネットも繋がる。楽天モバイルはドコモの回線を借りているのだから変わらないですよね。

もっと早くから使っていれば良かったです。そして1ヶ月後、クレジットカードの明細を見ると…。4分の1じゃない!注文した金額と違うのです。格安スマホじゃないの?でもサービスは変わらず料金だけ安いなんて上手い話は世の中にはないのかなぁ…と沈みながら楽天モバイルの明細を見ると、電話の通話料がかかっているのです。あれ?5分かけ放題のはず。楽天モバイルの明細は丁寧で、1日ごとの通話料が見られます。

それを見ていくと、◯月◯日45秒40円、◯月◯日62秒60円との記載がある。確かに格安スマホは通話料が高いのが難点だと知っていました。30秒20円なのです。だからこそ5分かけ放題オプションをつけたのに。5分かけ放題オプションにはきちんと入っているのに。楽天モバイルのサイトをよく見返してみると、5分かけ放題にするには、らくてん電話というアプリから電話をかけないと適応されないらしいのです。何と!説明はちゃんと読まないとこうなってしまうのですね。こんな私のようなバカな格安スマホユーザーはいると思いますが、きちんと使えばサービスはそのまま、料金だけ安いというのは世の中にあるんです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧