あれ?SIMカードが挿さらない。そんな時の応急処置はあるの?

MENU

CLOSE

あれ?SIMカードが挿さらない。そんな時の応急処置はあるの?

格安スマホは値段だけでなく初期設定も違う

格安スマホを導入すれば携帯料金を大幅に安くできる

格安スマホとはMVNO(仮想移動体通信事業者)が販売するスマホ及びプランのことですが、SIMカードのみの購入が基本であることから格安SIMとも呼ばれます。格安SIMは大手キャリアに比べて非常に安く、同じデータ容量でも半分どころか3分の1くらいまで値段を下げることが可能です。

つまり、月額7000円で大手キャリアのスマホを利用していた人であれば月額2000~3000円程度に抑えることができるわけです。この差額は大きいですね。

格安SIMはSIMカードの挿入から自分の作業

格安SIMは価格が安い一方でショップがありません。これは人件費を最小限にするためです。よって、大手キャリアのようにショップで初期設定をしてくれるわけではありません。ネットや家電量販店でSIMカードを購入した後は自分でSIMカードを挿入し、APN設定などスマホを使うための準備を行います。

今までは自分でしてこなかったため不安はありますが、スマホ慣れしている人なら問題なくできます。

SIMカードが挿さらないのはサイズが違うから、でもサイズを変えることなんてできるの?

SIMカードのサイズはしっかり確認しよう

格安SIMの場合はSIMカードのサイズを自分で選ぶため、スマホに挿しこむ段階で「SIMカードのサイズが合わない」と気づく人もいます。

現在はmicroSIMとnanoSIMという2つのサイズが使われていますが、microSIMは現在或いはそれより古い機種に使われるのに対し、nanoSIMは新しい機種に使われています。この2つのSIMは基盤の大きさは同じなので通信速度の優劣はありません。

もし、SIMカードのサイズが合わなかった場合は契約したMVNOにSIMカードの交換をするよう申し込みます。このときSIMカード交換手数料として3000円ほどの支払いが必要となります。初回のSIMカード発行でも手数料が3000円ほどかかっているので安い出費とは言えませんね。SIMカードを交換せずにSIMの大きさを変えることはできないのでしょうか?

SIMカードが小さすぎる時はSIMカード変換アダプタを使う

SIMカードを大きくするときはSIMカード変換アダプタを使います。アダプタと言っても電気が通っているわけではありません。アダプタというよりはSIMカードを乗せるトレイといった方が分かりやすいかもしれません。

例えばnanoSIMをmicroSIMの大きさにする時は、microSIMの形になっているSIMカード変換アダプタにnanoSIMを乗せます。ちゃんとnanoSIMをはめ込むために切り抜かれています。

SIMカード大きさが違っても基盤は同じなので大きくする分には特に問題ありません。しかし、SIMカード変換アダプタには「SIMカードから外れた時に端末が故障する原因になる」というデメリットがあります。SIMカードを取り出せなくなるというトラブルが多く、自己責任となります。

SIMカードが大きすぎたならSIMカッターを使う。

SIMカードが大きすぎる場合にはSIMカードの外側を切ってしまいます、ただ、はさみで切るのは技術と勇気がいるので穴あけパンチのようにSIMカードをくり抜けるSIMカッターを使うのが一般的です。SIMカッターはネットショップで1000円以内で売られています。

SIMカッターのデメリットは万が一SIMの基盤を切ってしまうことや、切り口が滑らかにならない点です。こちらもSIM変換アダプタと同じようにトラブル対応は自己責任で行います。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧