SIMフリー端末で料金節約!MNPで今の電話番号そのまま!

MENU

CLOSE

SIMフリー端末で料金節約!MNPで今の電話番号そのまま!

SIMフリーの格安スマホとは?

スマホには電話番号など様々な情報が入っているSIMカードが差し込まれています。今までは大手キャリアと契約した場合、他キャリアのSIMカードを差し込んでも使えないようにSIMロックがかけられていました。このSIMロックのために自由に乗り換えすると言うことが出来ませんでした。

そんなときに便利なのがSIMフリーの格安スマホです。SIMフリーの格安スマホならSIMロックはありません。大手キャリアは勿論のこと、MVNO事業者へも乗り換え自由となっています。最近ではネット通販で手軽に入手出来るようになりました。

SIMフリー義務化へ

2015年5月にSIMフリー義務化となり、SIMロックのかかっているスマホでも解除することが可能です。SIMロック解除の手続きは大手キャリアや機種によって異なります。事前に大手キャリアのホームページで手続き方法の確認を行って下さい。

MVNO事業者の格安SIM

MVNO事業者では格安SIMを用意しており、大手キャリアから乗り換えすると料金の節約が出来ます。ネット通販で購入したSIMフリーの格安スマホ、SIMロック解除したスマホ、MVNO事業者で用意している格安スマホでも格安SIMの差し込みが可能です。

初めてスマホを使うと言う方はMVNO事業者で格安スマホを購入したほうが簡単です。インターネットで注文すると格安SIMが差し込まれた状態で届きます。既に設定済みのため後は電源を入れるだけで、格安スマホが使えます。

MVNO事業者の格安SIMは2種類

格安SIMにはデータ専用、音声通話付きと2種類あります。データ専用のほうが音声通話付きより月額料金が格安です。データ専用とIP電話アプリの組み合わせで通話も出来ます。しかし110番や119番などの緊急通報が出来ません。音声通話付きなら問題無く緊急通報が出来ます。

MVNO事業者の料金プラン

MVNO事業者の料金プランには定額制と従量制と主に2種類あります。定額制では1か月のデータ容量で契約します。その契約データ容量の範囲なら定額と言う料金プランです。契約データ容量を超えたときは速度制限がかかります。月間3GBの場合、データ専用で900円ほど、音声通話付きで1600円ほどの料金となっています。

MVNO事業者同士で競争が激しいため、それ程大きな料金差は見られません。その代わりに大手キャリアより通信速度の面では劣ります。MVNO事業者によって実測が変わるため、通信速度を重視したい方は選び方が大切です。従量制は使った分だけ支払すると言う料金プランです。月々のデータ容量がバラバラのため、使った分だけ支払いしたいと言うときに便利です。

MNPで今の電話番号そのまま

大手キャリアからMVNO事業者へと乗り換えするときに今の電話番号がどうなるのか気になることがありました。電話番号が変わってしまうと知人や親せき、会社の人などに知らせる手間がかかってしまいます。そんなときでもMNPにて今の電話番号そのまま、手間をかけずに乗り換えすることが可能です。MNPは携帯電話番号ポータビリティと言います。

まずは契約中の大手キャリアからMNP予約番号の取得を行います。大手キャリアのホームページから24時間いつでも申請出来るために便利です。インターネット環境の無い方は電話または最寄りのショップで申請することが可能です。

MNP予約番号の取得が出来たらMVNO事業者に申し込みを行います。インターネットで24時間いつでもMNP転入手続きが行えます。申し込み画面にて取得したMNP予約番号を入力して下さい。運転免許証などの身分証明書、クレジットカードを用意しておくとスムーズです。

格安SIMが自宅に届いたら差し込んで設定を行います。不通期間無しで乗り換え出来るMVNO事業者もあって便利です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧