あれ!?SIMが入らん!SIMフリーに必要なSIMサイズの話

MENU

CLOSE

あれ!?SIMが入らん!SIMフリーに必要なSIMサイズの話

SIMフリー端末を使う前に

8cb4eaf104821b14e3a7b36a5c846f91_s

SIMにもサイズがある

格安SIMと格安スマホで節約ライフを楽しもうといざSIMを端末へ入れようとするときに、SIMが入らない場合があります。そうなると気分は落ち込み悔しい思いをすることになるでしょう。対応をするにも時間がかかるため後悔すらしてしまうかもしれません。ですがこうしたことは事前に知識をつけておけば解決できます。簡単なことなのでしっかりと把握しておきましょう。

実はSIMには3つのサイズがあります。例えるならSDカードのようなものです。SDカードには通常サイズのものとmicroSDカードがあり、microSDカードを通常サイズにするアダプタがあり、ほとんどSIMのサイズ事情と同じと言えるでしょう。ただSIMには3つのサイズが存在していることに注意です。そのサイズは大きい順に以下の3種類となります。

  • 標準SIM:縦25mm横15mm
  • microSIM:縦15mm横12mm
  • nanoSIM:縦12.3mm横8.8mm

比較するとnanoSIMは標準SIMの2分の1ほどで、横幅に到っては1cmもありません。端末とサイズの合わないSIMを手に入れても入らないのは仕方無いのです。

対応サイズの異なるSIMを手に入れたら

もしnanoSIM対応の格安スマホを手に入れて標準SIMを購入した場合、そのままでは入らないことが分かります。こうしたときにはMVNOにSIMのサイズ変更をお願いしなければいけません。この際には手数料がかかり、2000円ほどの出費がかかるでしょう。もっと安く済ませたいという場合にはSIMカッターを使うのも1つの手段です。

これは大きなSIMを小さいSIMにするための器具で、SIMを型に合わせて切り抜くという強引な方法となります。ミスした場合や仕上がりの悪さを考えると少し抵抗があるかもしれません。いずれにしても端末が対応しているSIMと異なるサイズのSIMをMVNOから手に入れてしまうということは面倒な状況を引き起こします。こうしたことの無い様に事前調査は必須です。

SIMのサイズ違いの対処方法

0a67244aecfe0b4e6ec44c3158d558d1_s

とにかくnanoSIMが一番

端末とサイズの違うSIMは対応が必要になりますが、MVNOからnanoSIMさえ手に入れれば問題は一気に解決します。なぜならSIMにもSDカードのようにアダプタが存在しているからです。nanoSIMをmicroSIMや標準SIMに変換できるアダプターは数百円で手に入れることができるでしょう。例えば端末が標準SIM対応の場合、MVNOからnanoSIMを手に入れて標準サイズのアダプタを装着して端末に入れれば大丈夫です。

もちろん端末がmicroSIM対応の場合も同じ流れとなります。できるだけMVNOからはnanoSIMを手に入れるようにしましょう。この「MVNOからnanoSIMを手に入れる」という方法は他にも良い点があります。それはどのような端末でも対応できるため機種変更が容易ということです。アダプタとnanoSIMさえあれば何も怖いことはありません。

まずはSIMのサイズを確認しよう

格安SIMや格安スマホが市場に出回るようになり各種プランや通信速度を比較できるようになりました。ですがその前に「そもそもサイズが合っていない」という状況にならないためにも基礎的な知識は必要と言えるでしょう。

確かに格安SIMを使えば携帯電話料金を抑えることはできますが、それはあくまで機能を使えることが前提です。基本的には「アダプタとnanoSIM」を手に入れればSIMのサイズ問題は解決できます。アダプタを使うのに抵抗があるなら端末と合ったサイズのSIMを探すのも良い方法です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧