格安?安全?MVNOでスマホ本体を入手する代表手段まとめ

MENU

CLOSE

格安?安全?MVNOでスマホ本体を入手する代表手段まとめ

格安SIMを挿すスマホはどこで手に入れる?

破格の料金プランが魅力のMVNO。しかし契約にあたって一つのポイントがあります。それはスマホ本体をどこで手に入れるか?です。格安SIMカードだけ持っていても、当然通話もネットも出来ません。どこかでスマホ本体を手に入れる必要があります。

本体を持っていないなら王道のセット購入

スマホ本体を持っていないのならば、一番簡単なのはMVNO事業者が提供している格安スマホを一緒に購入する方法です。新品購入となるので料金は高くなりますが、安さが魅力の為に大手事業者のスマホよりも安く故障や紛失等のアフターサービスは、SIMカードのみ購入した時よりも新品購入した端末の方が充実しています。

格安料金に端末代金が加わるので、どうしても料金は高くなってしまいますが初めて格安スマホを利用する初心者向けとも言えるでしょう。

中古ショップで購入するのも一つの手

インターネット上や店頭販売されている中古の格安スマホを購入するのも一つの手。新品ではない事、ネット上で購入の場合は実物が手にとって見られない事、購入後の故障に対してアフターサービスが千差万別な事など色々と新品購入とは勝手が違いますが、新品購入に比べて料金は大幅に安くなります。

中古ショップで購入はちょっと…と足踏みされる方もいますがたまに中古ショップでは新品同様の新機種が流通される事もあります。これはスマホユーザーの中には新品で購入したのはいいものの使い勝手が違いすぎた為に、早々と前の機種に戻したり、別の機種に変える方がいるからです。

新機種が発売されてから数日から1ヶ月程度で、新モデルが中古ショップに並ぶこともあるのでお得に最新の端末を購入したいと思っている方にはおすすめです。元々スマホ本体に精通している、故障やトラブルが起きても自身で調べて対処できる中級者以上向けの購入方法と言えるでしょう。

既に持っているなら格安SIMカード購入だけで済む事も

セット購入も中古ショップで購入も、どちらも格安スマホを持ってないかスマホ本体を持っていても、格安SIMを挿入できない機種の場合の対処方法です。逆に言えばSIMフリーのスマホを持っている場合は、後は格安SIMを購入し料金プランやデータ容量、通信速度を比較して契約を進めるだけです。

昔使っていたスマホが実はSIMフリー対応の可能性もあります。SIMフリーの端末自体は、過去に使用していたスマホ本体を再利用する事が多いので自宅で眠っているスマホがあるなら一度調べてみると良いでしょう。

持っているスマホ本体がSIMフリーか注意

スマホを持っていても、SIMフリー対応か否かが重要です。これは『スマホ本体の型番 SIMフリー』でインターネット検索すれば結果は一目瞭然。調べる事だけはすぐに出来ますので、MVNOに契約する前に一度やっておきましょう。

大手キャリアの提供しているスマホは2015年以降より、SIMフリー対応になりましたがSIMロック解除と呼ばれる手続きを行う事で、格安SIMを差し込めるようになっています。SIMロック解除を行うには手続きや条件があり、実際の操作も自分で行うか店頭で行うかで流れは大きく変わります。

これも一度インターネット等で検索するか、使っているキャリアのお客様センター等で聞いてみるのがオススメです。晴れてSIMフリー対応と分かれば、SIMロック解除を行って契約を進めていきSIMフリー対応でなかった場合は前述のセット購入や中古でSIMフリー端末の購入。次に述べるSIMロック解除を考えてみると良いでしょう。

携帯電話はキャリアで契約して手に入れるもの…というのが常識でしたが今は様々な手でスマホ本体を手に入れる事が可能となっています。とことん安くお得に使いたいなら過去の端末を使用する。

掘り出し物や新古品で誰かが高い料金で買った端末を安く使いたいなら中古ショップ。アフターサービス等を充実させたいなら新品購入と色々ありますので是非一度自分の理想とする購入方法を考えてみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧