これからの主流に?!MVNOを知って得する!

MENU

CLOSE

これからの主流に?!MVNOを知って得する!

これがMVNOだ!

ebc2eebd010b12e6d93a5305c081475a_s

MVNOとは?

MVNO(格安SIM)とは、Docomoなどの大手キャリアが保有する電波を架空通信業者へ振り分けるシステムで、新規参入する上で設備投資などのコストがかからない、実店舗不要なことから通信事業に興味を持っていた企業がLCCとして参入しました。

通信状況について

先述の通り、大手キャリアのシステムを利用していますので、LTE及び3Gの電波状況は大手キャリアと一緒になっております。主にDocomo系とau系がありますが、都心部や地下など問わず安定的に利用が可能です。一部で通信速度が遅いという噂もありますが、ストレスを感じる程の速度ではありません。日常使いでしたらブラウザ、ゲーム、動画視聴など楽しめます。

料金について

利用料金は各社が定めるプランにより変動ありますが、900円代〜5000円ぐらいの間が一般的です。格安SIMのプランの特徴は、高速通信量が多いということです。大手キャリアの場合、3GBや5GB程度だと思いますが格安SIMは3GB、5GB、7GB、10GBなど最大20GBぐらいまで選ぶことが出来ます。端末の分割代金などを合わせてもキャリアプランと比較して月3千円〜1万円程度お得になります。

支払方法について

基本的にはクレジットカードのみとなりますが、口座振替や月次決済対応デビットカードなどにも対応している企業もありますので、クレジットカードを持たない方でも契約が可能です。

今のスマホはそのまま使える?

これから契約しようとする企業がDocomo系かau系かで変わりますが、Docomo&SoftBank端末→Docomo系、au端末→au系でしたら利用可能です。但し、キャリアショップにて端末のSIMフリー化の作業が必要となります。そしてスマホだけでなく、MNPにも対応しておりますので電話番号もそのまま使えます。

※メールアドレスは使えなくなります。フリーメールなどを取得する必要があります。

メリットについて

やはり最大のメリットは価格です。毎月必要な通信費ですから1ヶ月あたり3,000円節約できれば年間36,000円の節約になります。5,000円節約できれば年間60,000円の節約になります。キャリアのようにポイント制度も少ないですが、利用料の数%をポイント還元してポイントを動画視聴や映画視聴に使える企業もあります。

格安スマホは魅力的?!

bbad00a29124091a034e90b677c9d86b_s

格安スマホって何?

海外メーカーがキャリア向け端末ではなく、端末のみ販売用で生産している端末です。キャリアのロゴも無く、メーカー名や端末名しか書いていないのが特徴です。

最近はキャリア契約であっても本体価格の安さから端末だけは格安スマホを使われる方もいらっしゃいますので、家電量販店などでは大々的に専用コーナーを設けるようになりました。格安スマホは基本的にはガラパゴス機能(おサイフ機能やワンセグテレビなど日本でしか対応しない機能)は非搭載となっており、その分安く販売しております。

使い勝手について

キャリアで販売しているスマホと格安スマホを比較すると、使い勝手は変わりません。ただ、アフターフォローの部分で差があります。キャリア販売機種でしたら、操作が分からない、故障などの際はお店で相談することが可能ですが、格安スマホはメーカーのコールセンターに電話したりチャットやメールでの対応が一般的です。

端末料金について

キャリアスマホは5万〜12万円ぐらいが相場になっていますが、格安スマホは1千円〜10万円ぐらいまであります。特に機能を求めない方は価格で、機能やスペックを求める方は性能で購入することが可能です。販売業者によっては、格安SIMとのセット購入も可能で今ではiphoneなどもラインナップされております。

メリットについて

高スペック端末でも安く買えるのが最大のメリットです。毎年新商品が出る業界ですから、端末料金がやすければ最新機種が欲しくなった時に買い換えることもできます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧