噂のSIMフリーの仕組み!スマホ代はこうして安くなる!

MENU

CLOSE

噂のSIMフリーの仕組み!スマホ代はこうして安くなる!

どうして格安スマホにすると安く利用出来るのか

多くの人がdocomoやauやsoftbankのキャリアのスマホを使っていると思いますが、月々のスマホにかかる料金の平均額をご存知でしょうか。およそ、6000円から7000円と言われています。しかしスマホのSIMを格安SIMに変えることで、この平均額が約3分の1の2000円ほどに抑えられます。

2000円という数字はキャリアの相場に比べたら破格の数字であり、逆に少し怪しいとも感じられます。何故こんなにスマホ料金を安く出来るのでしょうか。それには格安SIMならではの独自の仕組みがあるのです。その理由をいくつかご紹介します。

MVNOがLTEの回線を安く借りているから

格安スマホで使うLTE回線は、楽天モバイルやUQmobileと言ったMVNOがdocomoやauなどのキャリアから安く回線を借りて提供しています。安く借りられるのならば安く提供出来る、それが格安SIMが安くなる仕組みとなっています。

回線料金は各業者が独自で設定できるので、決まった金額がありません。キャリアの回線は日本の至る所に基地局があり、維持費等もかかる為高い金額で提供されていたのです。

MVNOは基地局を所持していないから

一方でMVNOはキャリアの回線を借りているので、独自の基地局を所持していません。その為、維持費やメンテナンス費用が必要ありません。またMVNOがキャリアから回線を借りる時は、一度に通信できる量の上限を1Gbpsと言った単位で借りることが出来ます。この借りた回線量を使用者で割ったものが料金プランとなるのです。

新しい回線を一から作るのは膨大な手間とお金が掛かるので、MVNOがキャリアから借りる回線量を調整することで格安スマホが実現しているのです。

データ容量のプランが統一されているから

格安SIMのデータ容量のプランは、使うデータ容量によってある程度決められています。1GBで300円、3GBで900円と言った感じです。1GB単位での料金が安い上に、キャリアで契約した場合のように使っていないデータ量分の金額を払う必要がないからです。

キャリアで契約した場合、契約によっては自分に不必要なくらいのデータ容量のプランを組まされることがあります。これは無駄にお金を払っている行為となります。こう言った無駄な消費を格安SIMでは無くすことが出来ます。

良いことだけではない、POI(相互接続点)で通信速度が落とされる

格安スマホにしても何も良いことばかりではありません。キャリアから安く回線を借りられる理由の一つとして、通信速度が落とされることがあります。キャリアの回線の場合はスマホから送られたデータは基地局に送られ、収容局、インターネット接続整備を通ってインターネットへと送られます。

一方でMVNOの場合は、収容局とインターネット接続設備の間にPOI(相互接続点)と呼ばれる設備を挟みます。このPOIで格安SIMが契約した通信量までデータ量を落とす作業をしています。その為どうしても通信速度が遅くなってしまいます。

勿論、仮にMVNOがPOIを必要とならないくらいの回線をキャリアから借りたとしたら、今度は通信料金が高くなってしまうので、POIがあるからこそ格安スマホが使えるとも言えます。またお昼頃や夜などはどうしてもスマホの通信量が上がってしまい混み合う時間帯なので、通信速度が遅くなりがちです。

格安SIMにする場合はそういった点も考慮しておきましょう。MVNOの中には通信速度が遅くならないようなプランを提供している業者もあるので、自分にあったプランを選ぶようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧