今話題のMVNO、格安SIMとは!?そのメリットデメリット

MENU

CLOSE

今話題のMVNO、格安SIMとは!?そのメリットデメリット

格安SIMに乗り換えるメリット

c5addc13b240dfb23851988f1d43f95e_s

そもそも格安SIMとは

格安SIMとはMVNOとよばれる通信業者が提供する通信サービスのことを指します。これまでは大手キャリア3社のみが通信サービスを提供し市場は寡占状態にありましたが、MVNO の業者はキャリアから回線を借り入れて、それを消費者に提供しています。今では何十もの企業が、独自のサービスとともに格安SIMを提供しています。

月額料金が驚くほど安い

格安SIMを用いてスマホを利用した場合、キャリアで契約していた時と比較してその月額基本料金は、はるかに安い金額で済みます。料金は企業やプランによって異なりますが、高速通信プランではどの企業でもだいたい、データ通信のみだと600円台〜、音声通話をプラスしても1400円〜(2016年10月時点)という非常にリーズナブルな価格設定となっています。

なぜこんなに安い価格で通信サービスを提供できるのかというと、先ほど述べたようにMVNO各社はキャリアから回線を借りているだけであるため、通信基地の建設、整備、維持に関して費用が全くかかっていないからです。逆にキャリアはここに莫大な費用がかかっているため、今のような高額な料金がかかってしまいます。

格安スマホとセットでお得

MVNOは通信サービスの提供だけでなく、キャリアと同じようにスマートフォンの販売も行っています。格安SIMを利用する層に照準を合わせ、非常に低価格な機種を販売しているのが特徴です。これらは格安スマホと呼ばれ、契約と同時に購入すると大幅値引きになったり、中には無料にまでなるものも存在します。スマホを一から買うならこういったサービスを賢く利用してお得にスマホを入手しましょう。

気になる通信速度

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際に不安になるのが通信速度の事ではないでしょうか。格安SIMに乗り換えると通信速度が遅くなってしまうのではと考えている方がいるかもしれませんがMVNO各社はキャリアから通信回線を借りているため乗り換えたとしても使用する回線には全く変わりがありません。

回線の混雑具合によって通信速度は多少変化しますが、通信速度に気を使っている企業を選べば、キャリア時代と比較して体感できるほどの通信速度の低下を感じることはないでしょう。

格安SIMに乗り換えるデメリット

91d0587e578470a63c0e7f46e3f80da8_s

キャリアにあって格安SIMにないもの

キャリアの時にはあって格安SIMに乗り換えると以下の機能が使用できなくなります。

  • キャリアが提供するメールアドレス
  • LINEのID検索

ですがメールアドレスは簡単に取得できるフリーメールアドレスで代用できますし、LINEのID検索も使用している人は少数派でしょう。しかしながら、これらの消失がどうしても受け入れられないというのであれば、現状では格安SIMに対処法はないので乗り換えをあきらめましょう。

通話をたくさんする人は要注意

格安SIMを利用する場合、キャリアには当たり前のように存在する、月額料金を払えば通話し放題の通話定額制のプランが存在しません。なので仕事やプライベートで毎日長時間電話をかける人にとっては逆に格安SIMの方が割高になってしまう可能性があります。一部MVNOでは5分までならかけ放題のプランが存在するところもあります。それらを考慮して自身のライフスタイルに合った通信会社の選択を行いましょう。

壊れてしまった時の対応

自身の所有するスマホを落としたり、濡らしたりして故障させてしまうときがあるかもしれません。そのようなとき、大手キャリアであれば、修理に出してその期間は代替機を貸し出してくれたり、新品のものと交換してくれたりといった対応をすぐさま行ってくれます。ですがMVNO各社はキャリアのように手厚いサポートを行ってはくれません。

もしサポート機能があったとしても、なかなかつながらなかったり、対応までかなりの時間がかかったりします。また、修理や交換は有償で行われるため、故障させてしまうと急な出費となってしまいます。なので、スマホをよく落としたりして壊してしまう人は格安SIMに乗り換える前に少し考えたほうが良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧